COVID-19 パンデミック中のカテーテル関連血流感染症の頻度上昇:制御の嘆願★

2022.01.31

Increase in the frequency of catheter-related bloodstream infections during the COVID-19 pandemic: a plea for control

M.J. Pérez-Granda*, C.S. Carrillo, P.M. Rabadán, M. Valerio, M. Olmedo, P. Muñoz, E. Bouza
*Hospital General Universitario Gregorio Marañón, Spain

Journal of Hospital Infection (2022) 119, 149-154


背景

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック中に、人工呼吸器関連肺炎および菌血症を対象とした院内感染症の発生率については述べられてきた。しかし、COVID-19 がカテーテル関連血流感染症(CR-BSI)の発生率に及ぼす影響に関する情報は非常に限られている。

 

目的

大規模病院 1 施設において、COVID-19 パンデミックが CR-BSI の発生に及ぼす影響を評価すること。

 

方法

本研究は、2019 年(パンデミック前)と 2020 年(パンデミック中)の 3 月から 5 月の間の CR-BSI の発生率、病因および転帰を比較した後向き研究であった。

 

結果

CR-BSI に 1 回以上罹患した患者数は、2019 年は 23 例、2020 年は 58 例であった(1.89 対 5.53/1,000 入院あたり、P < 0.001)。カテーテル挿入から CR-BSI の探知までの期間の中央値は、2019 年の症例では 27.5 日(範囲 11.75 ~ 126.00 日)、2020 年の症例では16.0 日(範囲 11.00 ~ 23.50 日)であった(P = 0.032)。

 

結論

COVID-19 パンデミック中に CR-BSI の急増が認められた。標準的な予防策と新しい予防策の強化が必要である。

 

サマリー原文(英語)はこちら

 

監訳者コメント

この 1 施設での研究では、COVID-19 パンデミック期間中の CR-BSI の発生はそれ以前に比べ、3 倍になっていた。また、その多くが ICU での治療、ステロイド投与、腹臥位であった。著者らは、カテーテル挿入とケアが増加の原因になったと考えている。貴重な報告である。

 

同カテゴリの記事

2021.11.30
Explosive nosocomial outbreak of SARS-CoV-2 in a rehabilitation clinic: the limits of genomics for outbreak reconstruction

M. Abbas*, T. Robalo Nunes, A. Cori, S. Cordey, F. Laubscher, S. Baggio, T. Jombart, A. Iten, L. Vieux, D. Teixeira, M. Perez, D. Pittet, E. Frangos, C.E. Graf, W. Zingg, S. Harbarth
*Geneva University Hospitals, Switzerland

Journal of Hospital Infection (2021) 117, 124-134


2021.02.28

Healthcare workers’ perceptions and acceptance of an electronic reminder system for hand hygiene

P.-O. Blomgren*, B. Lytsy, K. Hjelm, C.L. Swenne
*Uppsala University, Sweden

Journal of Hospital Infection (2021) 108, 197-204

2023.05.12
Evaluation of antimicrobial consumption in the neonatal population undergoing antimicrobial stewardship programmes: a systematic review

D.M.D. Lima*, R.V. Rezende, L.M.O. Diniz, L.M. Anchieta, R.M. de Castro Romanelli
*Universidade Federal de Minas Gerais, Brazil

Journal of Hospital Infection (2023) 135, 106-118


2023.06.02
Evaluation of cleaning and sterilization of liposuction cannulas after intentional contamination with human fat, Mycobacterium abscessus subspecies bolletii, and Geobacillus stearothermophilus

J.A.G. Bronzatti*, R.Q. de Souza, C.V. Niero, C.L. Romagnoli, N.M. da Silva, C.Q. de Moraes Bruna, L.A. Gioielli, K.U. Graziano
*University of São Paulo, Brazil

Journal of Hospital Infection (2023) 136, 8-13
2022.12.02
Incidence and risk factors of bacterial sepsis and invasive fungal infection in neonates and infants requiring major surgery: an Italian multicentre prospective study

C. Auriti*, D.U. De Rose, A. Santisi, L. Martini, M.P. Ronchetti, L. Ravà, V. Antenucci, P. Bernaschi, L. Serafini, S. Catarzi, P. Fiorini, P. Betta, M.G. Scuderi, V. Di Benedetto, S. Ferrari, M. Maino, F. Cavigioli, I. Cocchi, M. Giuffré, E. Bonanno, C. Tzialla, J. Bua, L. Pugni, B. Della Torre, G. Nardella, D. Mazzeo, P. Manzoni, I. Capolupo, M. Ciofi degli Atti, A. Dotta, M. Stronati, M. Raponi, F. Mosca, P. Bagolan, on behalf of the Study Group of Neonatal Infectious Diseases of the Italian Society of Neonatology (SIN)
*‘Bambino Gesù’ Children’s Hospital IRCCS, Italy

Journal of Hospital Infection (2022) 130, 122-130


JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ