熱安定性アデニル酸キナーゼを用いた技術:手術器具再処理に関する新規プロセスインジケータ、および検証ツールとしてのその使用★

2010.02.28

Thermostable adenylate kinase technology: a new process indicator and its use as a validation tool for the reprocessing of surgical instruments


J.R. Hesp*, T.M. Poolman, C. Budge, L. Batten, F. Alexander, G. McLuckie, S. O’Brien, P. Wells, N.D.H. Raven, J.M. Sutton
*Centre for Emergency Response and Preparedness, Health Protection Agency, UK
Journal of Hospital Infection (2010) 74, 137-143
ルーチンに使用されている自動洗浄消毒器の性能の検証に適した洗浄効果の定量的測定法として、熱安定性酵素アデニル酸キナーゼ(tAK)の評価を行った。市販の洗浄消毒器用ソイルまたは蛋白質を主成分とするソイルを用いて、2種類のインジケータ用材料を調製した。各インジケータは、tAK 100 μgを含むテストソイルをスチールまたはプラスチックの表面で乾燥させたものである。これらのインジケータを洗浄消毒器の各バスケット内に置き、通常の手術で汚染した手術器具とともに洗浄処理した。処理後、携帯用衛生監視機器を用いた迅速酵素アッセイ(検出時間2分)により、tAK残存活性を測定した。自動洗浄消毒器の全サイクル終了後の各インジケータのtAK残量は0.1~0.4 ngであり、除去量の平均log10値は5.8±0.3であった。洗浄消毒器の運転ごとの、または洗浄消毒器内のインジケータの位置によるtAK残存活性に、統計学的な差は認められなかった。tAKインジケータを用いて、洗浄サイクルの各段階における蛋白質除去の分析も行った。その結果、洗浄過程のあらゆる段階が蛋白質除去に寄与しており、主洗浄だけでも蛋白質活性が3.6~4.0 log10低下することが示された。このような迅速な読み取りが可能なインジケータ測定装置を用いた洗浄の定量的指標は、洗浄過程の新しい有効な検証方法となると考えられる。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント
本号に掲載されているもう一報とともに、tAK活性による洗浄の定量的評価は今後汎用される可能性を持っていると考える。

同カテゴリの記事

2023.03.10
Misidentification as Pseudomonas aeruginosa in hospital water supply samples

S. Taudien*, W. Leszczynski, T. Mayer, U. Loderstät, O. Bader, M. Kaase, S. Scheithauer
*University Medical Center Göttingen, Georg August University Göttingen, Germany

Journal of Hospital Infection (2023) 133, 23-27


2017.06.29

Burden of healthcare-associated infections in China: results of the 2015 point prevalence survey in Dong Guan City

2019.12.24

Prevalence and incidence of surgical site infections in the European Union/European Economic Area: how do these measures relate?

2023.05.12
Investigation of hospital discharge cases and SARS-CoV-2 introduction into Lothian care homes

S. Cotton*, M.P. McHugh, R. Dewar, J.G. Haas, K. Templeton, The COVID-19 Genomics UK (COG-UK) Consortium
*Royal Infirmary of Edinburgh, UK

Journal of Hospital Infection (2023) 135, 28-36


2009.05.31

Candida colonisation as a source for candidaemia

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ