病院およびその他の医療環境における食品の微生物学的安全性★

2009.10.30

Microbiological safety of food in hospitals and other healthcare settings


Barbara M. Lund*, Sarah J. O’Brien
*Institute of Food Research, UK
Journal of Hospital Infection (2009) 73, 109-120
医療施設で発生した食物媒介感染の症例やアウトブレイクにより、重篤な疾患、高額な医療費の損失、他の患者や医療従事者への感染伝播、および医療サービスの機能低下がもたらされる可能性がある。医療施設での脆弱患者に対する高栄養価の食事の提供には微生物学的安全性への体系的な取り組みが必要であり、これは危害分析重要管理点(hazard analysis and critical control point;HACCP)の原則に基づいて行われる。医療施設で提供する食品の種類は、食物媒介感染リスクが最小化するように選択すべきである。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
医療施設における食物媒介感染に関する総説。様々な種類の感染症が紹介されており、詳細に読まずとも1度目を通しておいて損はない論文である。

同カテゴリの記事

2021.01.31

Clonal replacement of meticillin-resistant Staphylococcus aureus during repeated outbreaks in a long-term care facility

  1. Cohen*, M. Afraimov, T. Finn, F. Babushkin, K. Geller, H. Alexander, S. Paikin

*Sanz Medical Center, Laniado Hospital, Israel

Journal of Hospital Infection (2021) 107, 23-27

2011.01.31

Progress in infection prevention and control in Italy: a nationwide survey

2009.08.31

Lowbury Lecture 2008: infection control and limited resources ― searching for the best solutions

2014.01.30

Investigation of healthcare-acquired infections associated with Pseudomonas aeruginosa biofilms in taps in neonatal units in Northern Ireland

2011.03.03

Clinical and economic impact of contaminated blood cultures within the hospital setting

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ