黄色ブドウ球菌性菌血症の成人における黄色ブドウ球菌性細菌尿症の合併は臨床転帰不良と関連する★

2008.08.31

Concomitant Staphylococcus aureus bacteriuria is associated with poor clinical outcome in adults with S. aureus bacteraemia


P.J. Huggan*, D.R. Murdoch, K. Gallagher, S.T. Chambers
*Christchurch Hospital, New Zealand
Journal of Hospital Infection (2008) 69, 345-349
2000年1月から2003年12月までに、黄色ブドウ球菌性菌血症により当院を受診した患者における黄色ブドウ球菌性細菌尿の予後予測意義を判定するために、後向きコホート試験を実施した。合計378例が黄色ブドウ球菌の血液培養で1回以上陽性を示し、このうち221例に対して受診後24時間以内に尿培養を実施した。この群の206例の症例記録を調査のために入手することができた。これらの患者のうち、全例がメチシリン感受性黄色ブドウ球菌菌血症(MSSA菌血症)を呈し、35例(17%)の尿培養中に黄色ブドウ球菌が認められた。年齢、泌尿生殖器系の状態、および併存疾患で補正してロジスティック回帰分析を行ったところ、黄色ブドウ球菌性細菌尿症の合併は、ICU入室[リスク比(RR)2.5、95%信頼区間(CI)1.06~4.36、P=0.04]および院内死亡(RR 2.18、95%CI 1.05~3.57、P=0.04)の有意な危険因子であった。さらに、男性の脳血管疾患および両性での高年齢が、院内死亡および1年生存率と関連していることが明らかになった。黄色ブドウ球菌性菌血症患者の臨床転帰と黄色ブドウ球菌性細菌尿症との関連を調べるための前向き試験が必要である。
サマリー 原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2016.03.01

Silver-impregnated external-ventricular-drain-related cerebrospinal fluid infections: a meta-analysis

2019.09.29

A survey to quantify wet loads after steam sterilization processes in healthcare facilities

2013.08.31
Risk factors for developing ESBL E. coli: can clinicians predict infection in patients with prior colonization?

T. Goulenok*, A. Ferroni, E. Bille, H. Lécuyer, O. Join-Lambert, P. Descamps, X. Nassif, J-R. Zahar
*Hôpital Necker-Enfants Malades, France
Journal of Hospital Infection (2013) 84, 294-299

2017.11.30

A multi-centre prospective evaluation of the Check-Direct ESBL Screen for BD MAX as a rapidmolecular screening method for extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae rectal carriage

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ