心臓手術後の創感染発生状況のモニタリング

2007.04.30

Monitoring the occurrence of wound infections after cardiac surgery


C. Sherlaw-Johnson*, A.P.R. Wilson, B. Keogh, S. Gallivan
*University College London, UK
Journal of Hospital Infection (2007) 65, 307-313
本研究の目的は、心臓手術後の手術創感染の発生状況をリアルタイムでモニタリングするために、画像技術を利用することである。この研究では、モニタリング中のケースミックスの変動の影響を滞りなく算入できるリスク・スコアシステムを開発し、導入した。我々は、ロンドンの教育病院からルーチンに収集したデータを解析した。このデータは、2000年4月から2004年3月の間に心臓手術を受け、地域のサーベイランスプログラムの一環として手術創の追跡を行った2,146例の記録である。ロジスティック回帰分析を用い、アウトカム指標を退院前の手術創感染の診断としたリスクモデルを開発した。このモデルに含まれる因子は、手術創の数、患者の年齢、冠動脈バイパス手術と心臓弁置換術を組み合わせた手術、腎疾患、および入院から手術までの日数であった。このモデルは個々のデータセットに記録された転帰を十分に予測し(χ2=3.81、P=0.58)、著者らはこのモデルを、転帰をモニタリングするための画像ツールに導入した。このリスクモデルおよび関連する画像モニタリング法は、感染管理を支援するための有益なツールと考えられた。これをリアルタイムで用いることで、ケア中の問題点を速やかに特定することができ、適切なタイミングで是正措置をとることが可能となる。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者注:
ケースミックス(case-mix):同じ病名でも症例によって行われる手術や検査や重症度によって差があるが、それらをひとくくりの群とすること。

同カテゴリの記事

2018.02.28

Randomized controlled trial of honey versus mupirocin to decolonize patients with nasal colonization of meticillin-resistant Staphylococcus aureus

2011.06.30

Pre-emptive contact precautions for intubated patients reduced healthcare-associated meticillin-resistant Staphylococcus aureus transmission and infection in an intensive care unit

2016.03.01

Nursing care as a predictor of phlebitis related to insertion of a peripheral venous cannula in emergency departments: findings from a prospective study

2014.07.31

Comparison of intensive-care-unit-acquired infections and their outcomes among patients over and under 80 years of age

2016.09.26

Qualitative study of views and experiences of performance management for healthcare-associated infections

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ