新生児集中治療室におけるSerratia marcescensの集団発生中の定着を検出するための最適なスクリーニング方法は何か ★★

2006.03.31

What is the best screening method to detect Serratia marcescens colonization during an outbreak in a neonatal intensive care nursery?


M. Giles*, H-M. Harwood, D.A. Gosling, D. Hennessy, C.T. Pearce, A.J. Daley
*The Royal Women’s Hospital, Australia
Journal of Hospital Infection (2006) 62, 349-352
新生児集中治療室(NICU)でセラチア・マルセセンス(Serratia marcescens)が集団発生することがある。しかし、保菌新生児患者の最適なスクリーニング方法は確立していない。地理的に離れた2カ所のNICUで、S. marcescensの集団発生中の新生児の気道および消化管における保菌をスクリーニングした。9カ月の調査期間で合計58例の新生児にS. marcescensの定着(47例)または感染(11例)が認められた。定着を認めた新生児の44例では気道と消化管の両方から試料を採取しており、そのうち消化管由来試料のみ陽性は39%、気道由来試料のみ陽性は22%で、両方の試料で菌が増殖した新生児は39%であった。固形培地への接種前に増菌を実施すると、気道保菌者の検出力が増強した。S. marcescensの集団発生中に、菌が定着した新生児を最大限に検出するためには、気道と消化器の両試料を採取すべきである。ブロス培地での増菌を行うと結果判定が1日遅延するが、気道由来試料の陽性率が高くなる。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
MRSAなどの耐性菌対策として能動的監視培養(active surveillance culture;ASC)を実施すべきか、盛んな議論の対象となっているが、スクリーニング目的であればどのような検体を採取すべきか、対象菌ごとに検討する必要がある。

同カテゴリの記事

2017.07.31

Chlorhexidine gluconate or polyhexamethylene biguanide disc dressing to reduce the incidence of central-line-associated bloodstream infection: a feasibility randomized controlled trial (the CLABSI trial)

2018.06.28

Field testing of a novel colour indicator added to chlorine solutions used for decontamination of surfaces in Ebola treatment units

2022.02.28
Review of decontamination protocols for shared non-critical objects in 35 policies of UK NHS acute care organizations
 
A.Castelli*, P. Norville, M. Kiernan, J-Y. Maillard, S.L. Evans
*Cardiff University, UK

Journal of Hospital Infection (2022) 120, 65-72

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ