高齢者向け介護施設における導尿カテーテル:自己記入式アンケートによる介護施設職員のカテーテル管理の監査

2006.01.02

Urinary catheterization in care homes for older people: self-reported questionnaire audit of catheter management by care home staff


C.A.M. McNulty*, J. Bowen, C. Foy, K. Gunn, E. Freeman, D. Tompkins, T. Ejidokun, I. Donald, G. E. Smith
*Gloucestershire Royal Hospital, UK
Journal of Hospital Infection (2006) 62, 29-36
自己記入式アンケートを用いて、英国の国立最適医療研究所(National Institute for Clinical Excellence;NICE)および失禁ケア協会(Association of Continence Care)が発表した導尿カテーテル処置指針に関する介護施設職員の申告による知識を判定し、さらにカテーテル処置実施率が高い施設では、この知識に相違があるか否かを調査した。カテーテル処置実施率が高率、中程度、または低率の、無作為に選択された37カ所の介護施設から、看護師およびその他の介護職員1,438名中750名(52%)の回答を得た。サンプリングを行った3カ所の健康行政区域の介護施設、あるいはカテーテル実施率が異なる介護施設において、申告された介護内容に差はなかった。看護師の83%およびその他の介護職員の40%は、正式なカテーテルケアの訓練を受けていた。しかし、少なくとも全職員の10%が、カテーテルを取り扱う前に手洗いを行わず、また採尿バッグから排尿する時期は、4分の3まで貯留した時点ではなく、一杯になる時点まで遅らせていると申告した。入所者に自分でカテーテルバッグを空にするよう指導していたのは、看護師45%、他の介護職員40%のみであった。ルーチンでカテーテルのメンテナンス用の溶液を使用または膀胱洗浄を実施していると申告したのは、全職員の50%であった。採尿バッグの栓から尿検査検体を採取していた看護師は29%、その他の介護職員54%であった。指針の遵守は1998年の監査以降、大幅に改善しているが、一部では依然として遵守されていない。地域の監査を継続し、特に資格のない介護職員を対象として尿カテーテルケアの正式な訓練を行う必要がある。地域におけるNICEガイダンスの実施を確実なものにするためには、教育が必要である。
サマリー 原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2021.11.30
The impact of two commonly used neutralizing agents in water sampling bottles on legionella and pseudomonas bacteria recovery

S. Lai*, B. Nielsen, N. Andrews, K.C. Thompson
*Public Health England, UK

Journal of Hospital Infection (2021) 117, 44-51


2017.08.31

Effect of target-enriched multiplex polymerase chain reaction on patient outcomes and costs during the 2013-14 influenza season

2021.04.30

Rapid detection and differentiation of mobile colistin resistance (mcr-1 to mcr-10) genes by real-time PCR and melt-curve analysis

 

M. Mentasti*, S. David, K. Sands, S. Khan, L. Davies, L. Turner, M. Wootton

*University Hospital of Wales, UK

 

Journal of Hospital Infection (2021) 110, 148-155

 

 

2023.08.13
Outcomes of influenza and COVID-19 inpatients in different phases of the SARS-CoV-2 pandemic: a single-centre retrospective case-control study

L. Bechmann*, T. Esser, J. Färber, A. Kaasch, G. Geginat
*Otto-von-Guericke University Magdeburg, Germany

Journal of Hospital Infection (2023) 138, 1-7



2015.01.30

Is surgical site scrubbing before painting of value? Review and meta-analysis of clinical studies

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ