手術中における超音波プローブに関連したセラチア・マルセセンス(Serratia marcescens)による手術部位感染症アウトブレイクの調査★

2021.05.30

Investigation of Serratia marcescens surgical site infection outbreak associated with peroperative ultrasonography probe

 

A. Géry*, A. Mouet, F. Gravey, M. Fines-Guyon, F. Guerin, F. Ethuin, F. Borgey, J. Lubrano, S. Le Hello

*Hospital Hygiene and Infection Control Department, France

 

Journal of Hospital Infection (2021) 111, 184-188

 

 

セラチア・マルセセンス(Serratia marcescens)による術後早期の感染症が、当教育病院の臨床家と微生物専門家の両方により報告されている。本稿では、腹腔鏡下肝切除術において術中超音波検査で用いられる T 型プローブの S. marcescens による汚染が原因で発生した今回のアウトブレイクについて、臨床、疫学、環境およびゲノムに関する因子について相互に関係付けを行った調査について報告する。

 

サマリー原文(英語)はこちら

 

監訳者コメント

フランスにおける超音波プローブに関連した Serratia marcescens による手術部位感染症の8 例のアウトブレイクの報告。シースなしで超音波プローブを使用することは十分な視野を得るために外科的に一般的に行われているが、本報告では滅菌シースの必要性を示している。

同カテゴリの記事

2015.11.30

Antimicrobial-related medication safety incidents: a regional retrospective study in West of Scotland hospitals

2017.09.28

Attitudes and practices of Irish hospital-based physicians towards hand hygiene and hand rubbing using alcohol-based hand rub: a comparison between 2007 and 2015

2007.05.30

Electro-elution, a novel method to remove transmissible spongiform encephalopathy-associated PrPSc from stainless steel surgical instruments

2008.06.30

Pertussis outbreak on a neonatal unit: identification of a healthcare worker as the likely source

2016.01.31

Infections due to Elizabethkingia meningoseptica in critically injured trauma patients: a seven-year study

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ