カテーテル閉塞の予防のための弱有機酸の相乗効果

2021.05.30

Weak organic acid synergy towards the prevention of catheter blockages

 

J. Burns*, C.P. McCoy, N.J. Irwin

*Queen’s University Belfast, UK

 

Journal of Hospital Infection (2021) 111, 69-77

 

 

背景

尿道カテーテルを長期留置された全患者の 50%は、カテーテルによる尿路感染症やカテーテル閉塞といったエピソードの再発を経験しており、尿道カテーテルが留置されたままになっている場合、尿閉、腎盂腎炎、敗血症につながる。筆者らは以前に、院内の尿路病原菌に対する弱有機酸併用の相乗活性について報告した。

 

目的

選択した弱有機酸(クエン酸、プロピオン酸)の単独使用または併用が、結晶性バイオフィルム形成とカテーテル閉塞の予防に及ぼす効果を検討すること。

 

方法

細菌生存率、尿の pH、カテーテル閉塞までの時間を測定するために、静的結晶化試験および膀胱モデルでの動的 in vitro 試験を走査型電子顕微鏡を用いて実施した。

 

結果

クエン酸/プロピオン酸を併用した場合、カテーテル先端の小孔周囲の付着物の割合は低減し、閉塞までの時間が 3 倍延長した。

 

結論

カテーテル関連尿路感染症や関連する閉塞による全体的な医療負担に対処するために、本研究で確認した弱有機酸の相乗的併用は抗菌薬の有望な代替法となる。

 

サマリー原文(英語)はこちら

 

 

 

監訳者コメント

なし

 

同カテゴリの記事

2008.04.25

Strategies for the prevention of hospital-acquired infections in the neonatal intensive care unit

2008.02.28

Comparison of the fixative properties of five disinfectant solutions

2021.10.31
Influence of surgical team activity on airborne bacterial distribution in the operating room with a mixing ventilation system: a case study at St. Olavs Hospital

M.K. Annaqeeb*, Y. Zhang, J.W. Dziedzic, K. Xue, C. Pedersen, L.I. Stenstad, V. Novakovic, G. Cao
*Norwegian University of Science and Technology, Norway

Journal of Hospital Infection (2021) 116, 91-98


2021.04.30

Urgency of surgery as an indicator for the occurrence of surgical site infections: data from over 100,000 surgical procedures

 

S.J.S. Aghdassi*, C. Schröder, P. Gastmeier

*Institute of Hygiene and Environmental Medicine, Germany

 

Journal of Hospital Infection (2021) 110, 1-6

 

 

2016.07.13

Staphylococcus aureus dry-surface biofilms are not killed by sodium hypochlorite: implications for infection control

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ