集中治療室 2 室における基質特異性拡張型β- ラクタマーゼ産生腸内細菌目細菌(extended-spectrum β-lactamase-producing Enterobacterales)およびメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus)の獲得に対する保菌圧の影響:19 年間の後向きサーベイランス

2020.05.23

Impact of colonization pressure on acquisition of extended-spectrum β-lactamase-producing Enterobacterales and meticillin-resistant Staphylococcus aureus in two intensive care units: a 19-year retrospective surveillance

 

S. Jolivet*, I. Lolom, S. Bailly, L. Bouadma, B. Lortat-Jacob, P. Montravers, L. Armand-Lefevre, J-F. Timsit, J-C. Lucet
*Bichat University Hospital, France

 

Journal of Hospital Infection (2020) 105, 10-16

 

 


背景
保菌圧は集中治療室(ICU)獲得型多剤耐性菌(MDRO)のリスク因子の 1 つである。

 

目的
ICU 獲得型基質特異性拡張型β- ラクタマーゼ産生腸内細菌目細菌(extended-spectrum β-lactamase-producing Enterobacterales;ESBL-PE)およびメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)に対する保菌圧の長期的な個別の影響を評価すること。

 

方法
この後向き観察研究には、1997 年 1 月から 2015 年 12 月の間に ICU(内科および外科)2 室に入院したすべての患者が含まれた。入院時とその後毎週、直腸および鼻腔の監視培養を採取した。保菌または感染患者に対し、接触予防策が適用された。保菌圧は、全患者日に対する各 MDRO の陽性患者の患者日の比率として定義した。シングルレベルの負の 2 項回帰モデルを用いて、毎週の MDRO 獲得の発生率を評価した。

 

結果
対象患者 23,423 例のうち、ESBL-PE の保菌患者は 2,327 例(10.0%)で 660 例(2.8%)の獲得を含み、MRSA の保菌患者は 1,422 例(6.1%)で 351例(1.5%)の獲得を含んでいた。ESBL-PE の獲得は、1997 年の 0.51/1,000 患者曝露日から 2015 年の 6.06/1,000 患者曝露日へ増加していた(P < 0.001)。対照的に、MRSA の獲得は 3.75/1,000 患者曝露日から 0.08/1,000 患者曝露日へと着実に減少していた(P < 0.001)。期間レベルの共変数を調整すると、前の週の保菌圧は ESBL-PE に関しては MDRO の獲得に関連していたが(P < 0.001[内科 ICU]、P = 0.04[外科 ICU])、MRSA に関しては関連していなかった(P =0.34[内科 ICU]、P = 0.37[外科 ICU])。ESBL-PE に関して、保菌圧の上昇は 100/1,000 患者日を超えると有意であった。

 

結論
保菌圧は ESBL-PE 獲得の発生率の上昇に関与していたが、MRSA には関与していなかった。本研究は、感染制御策は MDRO に合わせて特化すべきであることを示唆している。

 

サマリー原文(英語)はこちら

 

監訳者コメント
なし

同カテゴリの記事

2014.03.31

Cronobacter spp. as emerging causes of healthcare-associated infection

2015.06.30

Collecting the data but missing the point: validity of hand hygiene audit data

2021.02.28

Custom solution for personal protective equipment (PPE) in the orthopaedic setting: retrofitting Stryker Flyte T5 PPE system
 

J.P. Gibbons*, J. Hayes, C.J. Skerritt, J.M. O’Byrne, C.J. Green
*National Orthopaedic Hospital, Cappagh, Ireland
 

Journal of Hospital Infection (2021) 108, 55-63
 
 

2019.03.12

Identifying hospital-acquired infections using retrospective record review from the Irish National Adverse Events Study (INAES) and European point prevalence survey case definitions

2022.09.05
Nosocomial bloodstream infection pathogen Pantoea dispersa: a case report and literature review

X.L. Ruan*, X. Qin, M. Li
*First Affiliated Hospital of Guangxi Medical University, China

Journal of Hospital Infection (2022) 127, 77-82


JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ