呼吸器および顔面の保護:最近の文献の批評的レビュー

2013.11.30

Respiratory and facial protection: a critical review of recent literature


D. Bunyan*, L. Ritchie, D. Jenkins, J.E. Coia
*NHS National Services Scotland, UK
Journal of Hospital Infection (2013) 85, 165-169
感染性微生物は様々な経路で伝播し得る。伝播経路は病原体によって異なり、血液媒介感染、飛沫感染、空気感染、および接触感染などがある。一部の微生物は複数の経路で伝播する。通常の伝播経路が飛沫感染や空気感染である微生物に対しては、また「エアロゾルが発生する手技」の最中に浮遊粒子が生じた場合には、呼吸器および顔面を保護する必要がある。本稿は、Health Protection Scotland および Healthcare Infection Soceity が実施した、この分野の最近の文献の批評的レビューであり、医療従事者が呼吸器および顔面の防護具を使用する際のガイダンスを策定するための情報となるものである。
サマリー原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2012.10.31

Impact of non-rinse skin cleansing with chlorhexidine gluconate on prevention of healthcare-associated infections and colonization with multi-resistant organisms: a systematic review

2021.07.31
Fast-cycle hydrogen peroxide nebulization against frequent healthcare-associated micro-organisms efficacy assessment

L. Cobrado*, P. Ramalho, E. Ricardo, M.-M. Azevedo, A.G. Rodrigues
*University of Porto, Portugal

Journal of Hospital Infection (2021) 113, 155-163


2011.12.31

Time-dependent effect of chlorhexidine surgical prep

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ