新生児集中治療室における百日咳菌(Bordetella pertussis):感染源であることが想定される母親の特定

2012.10.31

Bordetella pertussis in a neonatal intensive care unit: identification of the mother as the likely source


T.N. Elumogo*, D. Booth, D.A. Enoch, A. Kuppuswamy, C. Tremlett, C.J. Williams, A. Shankar, S. Morter
*Norfolk & Norwich University Teaching Hospital, UK
Journal of Hospital Infection (2012) 82, 133-135
百日咳の原因菌である百日咳菌(Bordetella pertussis)は強い感染性を有する。妊娠 34 週で出生した双生児 1 の女児が新生児集中治療室に 19 日間入室し、無呼吸および徐脈を認めた。臨床的に百日咳が疑われた際に鼻腔スワブを採取し、B. pertussis が培養された。双生児 2 も同様の症状を示した。双生児の母親は咳が長期間持続していた。両双生児の鼻腔スワブは PCR 法で B. pertussis 陽性であり、母親は血清陽性であった。事故管理委員会が召集された。接触者として新生児 50 名と医療従事者 117 名が特定された。これらの接触者には情報提供を行い、英国のガイドラインに従ってアジスロマイシンによる化学予防および/または百日咳ワクチン接種を実施した。
サマリー原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2010.07.30

Establishing nurse-led ventilator-associated pneumonia surveillance in paediatric intensive care

2013.03.30

Integrity of bacterial genomic DNA after autoclaving: possible implications for horizontal gene transfer and clinical waste management

2008.08.31

Resistance and cross-resistance to oxidising agents of bacterial isolates from endoscope washer disinfectors

2006.02.28

Rate, risk factors and outcomes of catheter-related bloodstream infection in a paediatric intensive care unit in Saudi Arabia

2007.10.31

Assessing the biological efficacy and rate of recontamination following hydrogen peroxide vapour decontamination

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ