説明責任のための病院感染集計データの解析

2010.12.31

Analysis of aggregated hospital infection data for accountability


A. Morton*, K. Mengersen, M. Waterhouse, S. Steiner
*Princess Alexandra Hospital, Australia
Journal of Hospital Infection (2010) 76, 287-291
病院感染に関する医療施設間の集計データの解析と報告が、透明性と説明責任の確保のために必要である。医療施設内の時系列分析の透明性と説明責任の確保には、異なる分析手法が必要である。さらに、計画立案や一般への情報提供にはバイアスのない情報の要約が求められる。著者らは、エビデンスに基づくシステムの導入が、医療施設のパフォーマンスと安全性の向上にとって重要であると考える。これには、コンプライアンス、アウトカムの監査、および統計的プロセス管理法などによるアウトカムデータの時系列分析が必須である。チェックリストは、エビデンスに基づくシステムの確実な導入を支援するのに有用であろう。透明性と説明責任の確保のためのアウトカム集計データの解析では、主としてアウトカムを高い精度をもって正確に提示することを重視すべきである。本稿では単純集計表、漏斗プロット法、およびランダム効果(shrinkage plot)解析について説明し、リーグ表、星評価、および信頼区間を用いた比較については取り上げない。
サマリー原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2009.05.31

Decontamination of prion protein (BSE301V) using a genetically engineered protease

2018.11.24

Risk behaviours for organism transmission in daily care activities: a longitudinal observational case study

2016.10.31

Three-day regimen of oseltamivir for postexposure prophylaxis of influenza in wards

2006.02.28

Antibiotic use is associated with resistance of environmental organisms in a teaching hospital

2008.08.31

Modification in prescribing practices for third-generation cephalosporins and ciprofloxacin is associated with a reduction in meticillin-resistant Staphylococcus aureus bacteraemia rate

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ