集中治療室の組織的特性に関連するデバイス関連感染のリスク因子:韓国院内感染サーベイランスシステム(Korean Nosocomial Infections Surveillance System)からの知見

2010.07.30

Risk factors for device-associated infection related to organisational characteristics of intensive care units: findings from the Korean Nosocomial Infections Surveillance System


Y.G. Kwak*, S.-O. Lee, H.Y. Kim, Y.K. Kim, E.S. Park, H.Y. Jin, H.J. Choi, S.Y. Jeong, E.S. Kim, H.K. Ki, S.R. Kim, J.Y. Lee, H.K. Hong, S. Kim, Y.S. Lee, H.-B. Oh, J.M. Kim, Korean Nosocomial Infections Surveillance System (KONIS)
*Inje University Ilsan Paik Hospital, Republic of Korea
Journal of Hospital Infection (2010) 75, 195窶・99
デバイス関連感染は集中治療室(ICU)の患者の罹患および死亡の主な原因となっている。本研究では、ICUにおけるデバイス関連感染のリスク因子を評価した。2007年7月から2008年6月に、56病院の内科ICUと外科ICU 96か所が韓国院内感染サーベイランスシステム(Korean Nosocomial Infections Surveillance System)に参加した。カテーテル関連尿路感染、中心静脈カテーテル関連血流感染、および人工呼吸器関連肺炎の発生をモニターし、デバイス関連感染率を算出した。ICUの特性と関連するデータを収集し、Poisson回帰分析を用いて統計学的解析を行った。発生率は、カテーテル関連尿路感染で1,000尿道カテーテル日あたり3.87件、中心静脈カテーテル関連血流感染で1,000中心静脈カテーテル日あたり2.23件、人工呼吸器関連肺炎で1,000人工呼吸器日あたり1.89件であった。カテーテル関連尿路感染発生率は、ソウルのICU(P = 0.032)および大規模教育病院のICU(P = 0.010)で高かった。大学病院のICUでは、カテーテル関連尿路感染発生率は低かった(P = 0.013)。中心静脈カテーテル関連血流感染発生率はソウルのICU(P = 0.001)および内科ICU(P = 0.026)で高かった。人工呼吸器関連肺炎発生率は、900床を超える病院のICUでは400~699床の病院の場合と比較して低かった(P = 0.026)。人工呼吸器関連肺炎発生率は外科ICUで高く(P < 0.0001)、また感染制御専門家1人あたりの病床数が100増加するごとに1.13倍増加した(P = 0.003)。ICUの組織や施設の特性がデバイス関連感染発生率に影響を及ぼす可能性があり、人工呼吸器関連肺炎、カテーテル関連尿路感染、および中心静脈カテーテル関連血流感染の発生率を低下させる必要がある。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
医療観光立国を目指している韓国。感染予防についてもサーベイランスなどが普及しているようだ。感染率も低めなのが印象的である。

同カテゴリの記事

2019.02.22

Exposure to infected/colonized roommates and prior room occupants increases the risks of healthcare-associated infections with the same organism

2020.08.31

Aerosol-generating procedures and infective risk to healthcare workers from SARS-CoV-2: the limits of the evidence
H. Harding*, A. Broom, J. Broom
*Sunshine Coast Hospital and Health Service, Australia
Journal of Hospital Infection (2020) 105, 717-725

2013.06.29

Infections acquired in intensive care units: results of national surveillance in Belgium, 1997-2010

2018.05.31

Should International Classification of Diseases codes be used to survey hospital-acquired pneumonia?

2014.01.30

Prolonged outbreak of Staphylococcus aureus surgical site infection traced to a healthcare worker with psoriasis

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ