医療従事者は何を求めているか―理想的な手指消毒薬★

2008.10.15

What healthcare workers want ― The ideal hand disinfectant


Heike von Baum*
*Ulm University, Germany
Journal of Hospital Infection (2008) 70 (S1) 58-59
理想的な手指消毒薬の特性に関する、匿名の任意調査の結果を報告する。対象者は、ドイツの大学病院の医療従事者475名であった。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
南ドイツ・ウルム大学病院は1,100床あまりの施設であるが、すべての医療従事者の中からランダムに1,500人にアンケートを配布した。看護師が半数、医師と技術職が残りのおよそ3分の1ずつであった。大勢の希望を反映する理想的な製品とは、特別な臭いや色がなく、液体の形で壁掛けまたは留置式ディスペンサーを用いるものであり、微生物に対する十分な殺滅効果をもち、かつ皮膚に優しいものであった。ドイツの医療従事者も手指消毒薬に関して日本と同様のことを考えていることがわかる。

同カテゴリの記事

2011.06.30

Prevalence of antiseptic-resistance genes in Staphylococcus aureus and coagulase-negative staphylococci colonising nurses and the general population in Hong Kong

2019.04.15

The method used to dry washed hands affects the number and type of transient and residential bacteria remaining on the skin

2006.02.28

Implementation of isolation precautions: role of a targeted information flyer

2008.04.25

Application of the forensic Luminol for blood in infection control

2019.04.15

Antiseptic efficacies of waterless hand rub, chlorhexidine scrub, and povidone-iodine scrub in surgical settings: a meta-analysis of randomized controlled trials

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ