病院環境における非結核性抗酸菌の保菌率

2007.02.28

Prevalence of non-tuberculous mycobacteria in a hospital environment


J.H. Shin*, E.J. Lee, H.R. Lee, S.M. Ryu, H.R. Kim, C.L. Chang, Y.J. Kim, J.N. Lee
*Inje University, Korea
Journal of Hospital Infection (2007) 65, 143-148
近年、非結核性抗酸菌(NTM)は、日和見院内感染の重大な原因に浮上しているが、韓国ではNTMの分離および同定については、ほとんど知られていない。本研究の目的は、病院環境におけるNTMの分布率を推計し、菌種を同定することである。病院の異なる区域から合計150サンプルを収集した。NTMの分離および同定を、rpoBをコードする遺伝子の制限酵素断片長多型解析(RFLP)およびhsp65rpoBの部分塩基配列解析により行った。本研究では、150サンプル中50サンプルから60株のNTM株を分離した。水道水サンプルの半数(50/100)が抗酸菌陽性であった。分離株の73.3%が腐生性であり、21.7%が病原性を有する可能性があり、5%は不明であった。病院の水道水におけるNTMの存在はまれではない。そのような水道水からの分離株は、培養偽陽性となるリスクがあるとともに、免疫低下患者に実際に院内感染をもたらす可能性がある。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者注:
rpoB:RNAポリメラーゼB(RNA Polymerase B)の略。

同カテゴリの記事

2019.05.10

Nosocomial outbreak of extended-spectrum β-lactamase-producing Enterobacter cloacae among cardiothoracic surgical patients: causes and consequences

2012.06.30

Influence of laminar airflow on prosthetic joint infections: a systematic review

2022.06.16
Economic evaluation of pre-operative shower with antiseptic soap to prevent surgical site infections

J. Ory*, F. Bruyere, M. Massetti, R. Moreau
*Nîmes University Hospital, France

Journal of Hospital Infection (2022) 124, 9-12



2020.10.30

Bathroom contamination by antibiotic-resistant Enterobacterales (ESBLPE and CPE): an experimental study
T. Sevin*, V. Goldstein, I. Lolom, F. Lenne, Y. Gaudonnet, A.L. Baptiste, G. Bendjelloul, L. Armand-Lefevre, J.C. Lucet
*Bichat-Claude Bernard Teaching Hospital, Assistance Publique-Hôpitaux de Paris, France
Journal of Hospital Infection (2020) 106, 271-276

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ