異なる市販の機械的な噴霧による創傷洗浄剤の環境への影響についての研究

2006.11.30

Study of the environmental effect of a commercial wound cleanser used with different mechanical forces


K. De Smet*, D. Van den Plas, C. Van Hoomissen, H. Jansens, P. Sollie
*Flen Pharma, Belgium
Journal of Hospital Infection (2006) 64, 264-270
この10年間、創傷治療は大きく改善している。しかし、目的とした使用以外での、これらの影響についてのデータはほとんどない。本研究は、身近な環境の細菌汚染に対する創傷洗浄剤(wound cleanser)使用の影響を明らかにすることを目的とした。研究室または臨床環境において、創傷由来の細菌が創傷洗浄によって空中細菌になったという証拠はほとんど見いだされなかった。創傷周辺の細菌の拡散は、創傷洗浄ではなく病院職員の通常の活動によるものと考えられる。簡単な注意が払うことで、創傷清浄中の病院および診察室における職員および患者のリスクを最小化することができる。
サマリー 原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2015.03.30

Large hospital outbreak of KPC-2-producing Klebsiella pneumoniae: investigating mortality and the impact of screening for KPC-2 with polymerase chain reaction

2020.06.30

Antimicrobial resistance in southern China: results of prospective surveillance in Dongguan city, 2017
J. Wang*, M. Zhou, G. Huang, Z. Guo, J. Sauser, A. Metsini, D. Pittet, W. Zingg
*University of Geneva Hospitals and Faculty of Medicine, Switzerland
Journal of Hospital Infection (2020) 105, 188-196

2006.06.30

Propagation of methicillin-resistant Staphylococcus aureus due to the overloading of medical nurses in intensive care units

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ