病院の清浄度はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌による菌血症発症率と相関するか?★

2006.10.31

Does hospital cleanliness correlate with meticillin-resistant Staphylococcus aureus bacteraemia rates?


D. Green*, N. Wigglesworth, T. Keegan, M.H. Wilcox
*Bradford Teaching Hospitals NHS Foundation Trust, UK
Journal of Hospital Infection (2006) 64, 184-186
英国の国民保健サービス(National Health Service)に加盟する全病院の公的に入手可能なデータを用いて、病院の清浄度とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による菌血症発症率とは関連しているか否かを調べた。重みづけしたPatient Environment Action Team(PEAT)スコアにより測定した病院の清浄度と、MRSAによる菌血症発症率との間に一定の関連を証明することはできなかった。データセットが大規模であるので、真の相関を見落としている可能性は低い。高い水準の病院の清浄度は意味のある目標だが、MRSA制御対策と環境清浄度の水準改善を繰り返し関連づけることは有用ではない。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
データはシンプルで、非常にわかりやすい論文。しかも、MRSAへの環境の関与という重要な問題に触れており、お勧めできる論文である。

同カテゴリの記事

2020.04.28

Sources of viral respiratory infections in Canadian acute care hospital healthcare personnel

2011.05.01

Healthcare-associated bacteraemia caused by Leuconostoc species at a university hospital in Taiwan between 1995 and 2008

2011.06.30

Inappropriate intravascular device use: a prospective study

2019.07.02

Candidaemia in an Irish intensive care unit setting between 2004 and 2018 reflects increased incidence of Candida glabrata

2016.03.01

Comparison of bacterial counts in expressed breast milk following standard or strict infection control regimens in neonatal intensive care units: compliance of mothers does matter

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ