新規グアニジンポリマーであるAkacid plusのin vitro抗菌活性

2006.07.31

In vitro antimicrobial activity of the novel polymeric guanidine Akacid plus


C. Kratzer*, S. Tobudic, W. Graninger, A. Buxbaum, A. Georgopoulos
*Medical University of Vienna, Austria
Journal of Hospital Infection (2006) 63, 316-322
陽イオン系消毒薬の新規高分子化合物であるAkacid plusの殺菌および殺真菌活性を、黄色ブドウ球菌、エンテロコッカス・ヒラエ(Enterococcus hirae)、大腸菌、緑膿菌、カンジダ・アルビカンス(Candida albicans)、およびアスペルギルス・ニガー(Aspergillus niger)の品質管理菌株を用いて、グルコン酸クロルヘキシジンと比較した。欧州標準化委員会(European Committee for Standardization)が定めた定量的懸濁試験法によりin vitro活性を測定した。使用濃度は、細菌およびC. albicansに対しては0.01~0.5%、A. nigerに対しては0.5~4%とし、蒸留水および硬水で希釈した0.3%ウシアルブミン存在下また非存在下で5、15、および60分間曝露した。基本的な定量的懸濁試験法では、Akacid plusは5分以内に、0.1%の濃度ですべての病原細菌を殺菌した。クロルヘキシジンも黄色ブドウ球菌、大腸菌、および緑膿菌に対する活性が高かったが、5分以内にE. hiraeを殺菌することはできなかった。高濃度の有機物(ウシアルブミン)存在下では、両消毒薬の活性がわずかに低下した。Akacid plusは、C. albicansに対して15~60分以内に殺真菌活性を示し、A. nigerを濃度1%、5分間の接触で殺菌した。クロルヘキシジンは、C. albicansを殺菌したが、A. nigerは殺菌しなかった。
サマリー 原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2008.03.28

Incidence of healthcare-associated infections in high-risk neonates: results from the German surveillance system for very-low-birthweight infants

2019.08.30

Detection of antibiotic resistance genes from blood cultures: performance assessment and potential impact on antibiotic therapy management

2010.05.30

Impact of a hospital-wide programme of heterogeneous antibiotic use on the development of antibiotic-resistant Gram-negative bacteria

2013.04.30

Impact of acute kidney injury on mortality and medical costs in patients with meticillin-resistant Staphylococcus aureus bacteraemia: a retrospective, multicentre observational study

2019.09.29

Effect of disinfectant formulation and organic soil on the efficacy of oxidizing disinfectants against biofilms

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ