Randomly amplified polymorphic DNA解析で同一パターンを示すNocardia farcinica 感染の集団発生 ★

2006.04.30

Outbreak of Nocardia farcinica infection with the same pattern in randomly amplified polymorphic DNA analysis


S. Kachi*, M. Okazaki, H. Takeda, H. Igarashi, O. Kobayashi, H. Watanabe, K. Nakata, S. Kawai, M. Aoshima, T. Watanabe, H. Goto
*Kyorin University School of Medicine, Japan
Jouranl of Hospital Infection (2006) 62, 502-506
著者らは、Nocardia farcinicaによるノカルジア症を同一病棟で6カ月間に3例経験した。Randomly amplified polymorphic DNA(RAPD)法による遺伝子解析の結果は、同じパターンを示した。したがって、これらの3例は同一のN. farcinica菌株によるものと考えられ、院内感染の可能性を示唆している。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
起因菌不明の日和見感染に際し、N. farcinicaを念頭に置く必要性を感じさせる論文である。本報告は日本国内からなされており、どの施設でも起こりうる事例である。

同カテゴリの記事

2010.10.30

Low incidence of arterial catheter infections in a Swedish intensive care unit: risk factors for colonisation and infection

2014.06.30

Value of pre- and postoperative meticillin-resistant Staphylococcus aureus screening in patients undergoing gastroenterological surgery

2014.06.30

No association between ultrasound-guided insertion of central venous catheters and bloodstream infection: a prospective observational study

2019.03.12

Association of nurse staffing and nursing workload with ventilator-associated pneumonia and mortality: a prospective, single-center cohort study

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ