地中海地方での手指衛生の設備および実践に関する多施設試験:NosoMedネットワークの結果

2006.03.31

Multicentre study on hand hygiene facilities and practice in the Mediterranean area: results from the NosoMed Network


K. Amazian*, T. Abdelmoumene, S. Sekkat, S. Terzaki, M. Njah, L. Dhidah, E. Caillat-Vallet, M. Saadatian-Elahi, J. Fabry, Members of the NosoMed Network
*Universite Claude Bernard, France
Journal of Hospital Infection (2006) 62, 311-318
南地中海地方における手指衛生に関する文献はまれである。基準値を明らかにするため、地中海の4カ国で試験を実施した。22病院の77病棟を登録し、手指衛生実践および設備に関する情報を収集した。全遵守率は極めて低値であり(27.6%)、リスク知覚が高度の場合には遵守率が有意に高かった。集中治療室では、遵守のレベルが最も高かった。国別の分析では、アルジェリア(18.6%)およびモロッコ(16.9%)と比較して、エジプト(52.8%)およびチュニジア(32.3%)で遵守率が高かった。手指衛生の設備、特に消耗品の不足が認められた。現状を改善するためには、手指衛生実践に関する各国の公式な勧告、教育、および定期的評価からなる多面的な取り組みが必要である。
サマリー 原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2019.02.22

Survey of screening methods, rates and policies for the detection of carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in English hospitals

2022.05.16
Lowbury Lecture 2021: tales of the unexpected in antibiotic resistance

M. Bonten*
Utrecht University, the Netherlands

Journal of Hospital Infection (2022) 123, 139-142


2020.06.30

Surveillance of Salmonella spp. in the environment of public hospitals in KwaZulu-Natal, South Africa
B. Kennedy*, C.O. Shobo, O.T. Zishiri, L.A. Bester
*University of KwaZulu-Natal, South Africa
Journal of Hospital Infection (2020) 105, 205-212

2017.03.31

Viral influenza-like illnesses: dynamic interrelationships during the 2015-2016 influenza season in hospitalized patients

2017.04.30

Is faecal microbiota transplantation an option to eradicate highly drug-resistant enteric bacteria carriage?

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ