中国における手術部位感染症の発生率

2024.04.06

The incidence of surgical site infections in China

J. Lin*, Y. Peng, L. Guo, S. Tao, S. Li, W. Huang, X. Yang, F. Qiao, Z. Zong
*Sichuan University, China

Journal of Hospital Infection (2024) 146, 206-223

手術部位感染症(SSI)は、よくみられる種類の医療関連感染症である。2010 年以降の研究に基づき、中国本土における SSI 発生率を明らかにするために文献レビューを実施した。術後患者 30 例以上を対象とした適格研究 231 報を含み、そのうち 14 報は手術部位に関わらず全 SSI のデータを報告、217 報は特定部位の SSI を報告するものであった。SSI の全発生率は中央値 2.91%(四分位範囲 1.05% ~ 4.57%)、統合値 3.18%(95%信頼区間 1.85% ~ 4 .51%)であった。また、SSI 発生率は手術部位によって著しく異なり、甲状腺手術ではもっとも低く(中央値 1.00%、統合値 1.69%)、結腸直腸手術ではもっとも高かった(中央値 14.89%、統合値 12.54%)。術後 SSI と関連するもっとも頻度の高い微生物の種類は、さまざまな腹部手術後では腸内細菌目細菌、心臓手術後または神経学的手術後ではブドウ球菌であった。SSI が及ぼす影響を検討した研究は、死亡率、入院期間(LOS)、医療関連の追加経済的負担について、それぞれ 2 件、9 件、5 件であり、そのすべての研究で、SSI 患者における死亡率増加、LOS 延長、SSI と関連する医療費増加が確認された。本研究の結果より、中国において SSI は依然として相対的に頻度が高く、患者の安全面への重大な脅威となっていることが明らかになり、さらに対策を必要とする。SSI に対処するために、情報技術を活用して統合基準を用いた全国的 SSI サーベイランスネットワークを構築すること、ならびに地域データと観察に基づく対応策を調整し実行することを提唱する。中国における SSI の影響から、さらなる研究の必要性があることを、われわれは強調する。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント

中国本土の病院における SSI に関する報告のレビュー。DX が進んでいる中国だが、共通した基準に基づく SSI に関する全国的サーベイランスは行われていないようだ。

同カテゴリの記事

2016.04.29

Ozonated water is inferior to propanol-based hand rubs for disinfecting hands

2021.05.30

Successful containment of two vancomycin-resistant Enterococcus faecium (VRE) outbreaks in a Dutch teaching hospital using environmental sampling and whole-genome sequencing

 

K.B. Gast*, A.J.G. van Oudheusden, J.L. Murk, J.J.J.M. Stohr, A.G. Buiting, J.J. Verweij

*Elisabeth-TweeSteden Hospital, The Netherlands

 

Journal of Hospital Infection (2021) 111, 132-139

 

 

2018.10.19

Effect of an exfoliating skincare regimen on the numbers of epithelial squames on the skin of operating theatre staff, studied by surface microscopy

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ