血管アクセス感染予防のためのグッドプラクティスガイドラインの遵守:フランスの血液透析科を対象とした多施設共同 PHYDEL 調査

2023.12.31

Compliance with good practice guidelines for the prevention of vascular access infections: the multi-centre PHYDEL survey in French haemodialysis units

P. Habihirwe*, H. Marini, B. Wurtz, T. Vermeulin, M. Lottin, J.F. Gehanno, L. Boulet, H. Vergnes, S. Edet, L. Gueti, F. Le Roy, V. Merle
*CHU Rouen, France

Journal of Hospital Infection (2023) 142, 1-8




背景

血液透析における血管アクセス感染予防のためのフランスのガイドラインが2005 年に公表された。このガイドラインが遵守されているかは、現時点で不明である。この研究の目的は、フランスの血液透析科における血管アクセス感染予防のためのガイドラインの遵守について評価し、報告された問題について記述することであった。

方法

無作為に選んだフランスの 200 の血液透析科を対象に、2019 年の 3 月から 12 月に横断的調査を実施した。データは、質問票で収集し、感染制御の専門家との電話インタビューで完成させた。透析の業務は、血液透析科の 85%超がいつもガイドラインに従っていたと申告したときに、遵守していると考えた。

結果

合計で、103 の血液透析科(51.5%)が参加に同意した。透析の業務の大部分はガイドラインを遵守していたが、次のような業務のときに、遵守閾値である 85 %に達しなかった。すなわち、中心静脈カテーテル(CVC)のラインを接続するときに 2 人 1 組で働く、ラインを外す前に手指衛生を実施する、CVC の出口部位や動静脈瘻穿刺部位に消毒用塗料を塗る前に消毒用洗剤を洗い流す、消毒用塗料を乾燥させる、消毒剤を染み込ませたガーゼで CVC の枝を取り扱う、手袋で動静脈瘻を圧迫した後に手指衛生を実施する、CVC を接続する/外すときや動静脈瘻の穿刺をするときに目の保護具を装着する、動静脈瘻の穿刺をするときに手術着を着るである。報告された頻度が最も高かった問題は、人員不足、出口部位の皮膚の損傷による皮膚の前処置の問題、ボタンホール法についての専門知識がないことであった。

結論

全体的な遵守状況は良好であったが、この調査は、感染予防ガイドラインの遵守におけるいくつかの欠点をはっきりと示している。それらは、血管アクセス感染のリスクの増加や、血液によるウイルスの感染の増加と関連している可能性がある。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント


血液透析患者のバスキュラーアクセスの際の感染防止ガイドラインの遵守率を項目毎に評価した研究であり、特に業務関係者にとっては有用な内容と考えられる。ガイドラインも是非参照されたい。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0272638619311370

同カテゴリの記事

2021.04.30

The accuracy of fully automated algorithms for surveillance of healthcare-associated urinary tract infections in hospitalized patients

 

S.D. van der Werff*, E. Thiman, H. Tanushi, J.K. Valik, A. Henriksson, M. Ul Alam, H. Dalianis, A. Ternhag, P. Nauclér

*Karolinska Institutet, Sweden

 

Journal of Hospital Infection (2021) 110, 139-147

 

 

2010.11.30

Assessment of horizontal laminar air flow instrument table for additional ultraclean space during surgery

2009.08.31

Impact of hypochlorite-based disinfection on bacterial contamination of cystic fibrosis patients’ home-nebulisers

2018.01.31

Flocked nylon swabs versus RODAC plates for detection of multidrug-resistant organisms on environmental surfaces in intensive care units

2016.11.30

Acquired resistance to chlorhexidine – is it time to establish an ‘antiseptic stewardship’ initiative?

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ