イングランドおよびアイルランドにおいて高リスク患者に対して PICO™ 単回使用陰圧閉鎖療法システムを実施した帝王切開における手術部位感染症の調査★

2017.10.26

A survey of caesarean section surgical site infections with PICO Single Use Negative Pressure Wound Therapy System in high-risk patients in England and Ireland


R.J. Searle*, D. Myers
*Smith & Nephew Advanced Wound Management, UK
Journal of Hospital Infection (2017) 97, 122-124
本稿では、英国およびアイルランドの 4 病院において体格指数(BMI)高値で帝王切開を受ける患者に対する PICO システムの導入における監査データを報告する。PICO システムを、BMI 35 kg/m2 以上の患者 399 例で帝王切開後の手術創閉鎖に用いた。399 例中 36 例(9.0%)で手術部位感染症(SSI)の徴候が発現し、この発生率は以前に同様の集団で報告された 19.3%という発生率より低かった。再入院率は 0.8%であった。したがって、この高リスク集団において手術創閉鎖に対する PICO システムの使用は、SSI および再入院の発生率低下に関連する可能性がある。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
PICO 創傷治療システムは Smith & Nephew 社の製品であり、Negative pressure dressing(NPD)法に使用される。この論文では肥満妊婦の帝王切開後の手術創閉鎖に用いられている。

同カテゴリの記事

2007.07.31

Post-discharge surgical site infection surveillance by automated telephony

2007.02.28

Evaluation of a new disinfection procedure for ultrasound probes using ultraviolet light

2016.11.30

Disinfection of gloves: feasible, but pay attention to the disinfectant/glove combination

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ