バイオフィルムは病院表面の「エンバイロメントーム」が生命体で満ちていることを意味する

2015.11.30

Biofilms mean that the ‘environmentome’ of hospital surfaces is teeming with life


J.A. Otter*
*Imperial College Healthcare NHS Trust, London, UK
Journal of Hospital Infection (2015) 91, 218-219
No abstract.
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
本稿は、「ICU の環境表面は、バイオフィルム内に存在する複数の細菌(特に多剤耐性菌)によって汚染されている」と報告した Hu. H らの論文(J Hosp Infect 2015;91:35)に対するコメントである。遊離塩素溶液を用いた二段階の清掃・消毒後に採取したにもかかわらず検出されたこと、しかも 12 か月経過しても生菌であったことは、非常に興味深い結果であった。ここで用いられた「エンバイロメントーム」解析では、我々になじみのない様々な菌が、それぞれのニッチをもってマットレスや枕、床などに存在していることが明らかになった。この解析手法にはまだ改善の余地があるものの、乾燥した環境表面から検出可能であったことは、従来の清掃・消毒法に限界があったことに合致しているし、より重要なこととして、「バイオフィルムは病院内の乾燥した環境表面に高頻度に存在する」という認識をもつ必要性を訴えている。

監訳者注:
エンバイロメントーム(environmentome):環境中の微生物叢。

同カテゴリの記事

2021.09.30
Hospital-onset COVID-19 infection surveillance systems: a systematic review

M. Abbas*, N.J. Zhu, S. Mookerjee, F. Bolt, J.A. Otter, A.H. Holmes, J.R. Price
*Imperial College London, UK

Journal of Hospital Infection (2021) 115, 44-50


2015.04.29

Antibiotic resistance in Enterobacteriaceae: what impact on the efficacy of antibiotic prophylaxis in colorectal surgery?

2012.06.30

Guidelines for preventing catheter infection: assessment of knowledge and practice among paediatric and neonatal intensive care healthcare workers

2018.11.24

Beware biofilm! Dry biofilms containing bacterial pathogens on multiple healthcare surfaces; a multi-centre study

2020.08.31

Prevalence and risk factors of inappropriate use of intravenous and urinary catheters in surgical and medical patients
B.J. Laan*, M.C. Vos, J.M. Maaskant, M.I. van Berge Henegouwen, S.E. Geerlings
*University of Amsterdam, The Netherlands
Journal of Hospital Infection (2020) 105, 698-704

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ