嚢胞性線維症以外の患者でのバークホルデリア・マルティボランス(Burkholderia multivorans)のアウトブレイク

2013.07.31

An outbreak of Burkholderia multivorans beyond cystic fibrosis patients


V. Hanulik*, M.A. Webber, M. Chroma, R. Uvizl, O. Holy, R.N. Whitehead, S. Baugh, I. Matouskova, M. Kolar
*Palacky University Olomouc, Czech Republic
Journal of Hospital Infection (2013) 84, 248-251
バークホルデリア・セパシア(Burkholderia cepacia)complex(Bcc)は日和見感染病原菌であり、嚢胞性線維症患者に重篤な感染症を引き起こすことがある。著者らは最近、Olomouc 大学病院で Bcc による感染のアウトブレイクが疑われる例を見いだした。患者 52 例から Bcc 74 株が分離され、患者の大半(48 例)は嚢胞性線維症ではなかった。最も多く分離されたのはバークホルデリア・マルティボランス(Burkholderia multivorans)(46 株)であり、このうち 24 株(52.2%)はクローン性であった。これらのうち 15 株は集中治療室の患者から分離され、これらの患者の 5 例は病院肺炎により死亡した。B. multivorans は、嚢胞性線維症以外の患者にも重篤なアウトブレイクを引き起こすことがある。
サマリー原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2016.11.30

Staphylococcus aureus and surgical site infections: benefits of screening and decolonization before surgery

2012.08.31

Understanding the epidemiology of MRSA in Europe: do we need to think outside the box?

2019.12.24

Top research priorities in healthcare-associated infection in the UK

2019.10.15

Novel colour additive for bleach disinfectant wipes reduces corrosive damage on stainless steel

2010.07.30

Organisation of hospital infection control in Mongolia

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ