病院環境からのクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)分離の困難さ

2013.06.29

On the difficulties of isolating Clostridium difficile from hospital environments


D.J. Malik*, K.V. Patel, M.R.J. Clokie, G. Shama
*Loughborough University, UK
Journal of Hospital Infection (2013) 84, 181-183
クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)芽胞をステンレス製パネル表面に付着させ、次いで塩素系消毒薬(ジクロロイソシアヌル酸)に曝露した。種々の選択的および非選択的寒天を含有する RODAC 平板培地を用いて C. difficile 芽胞を採取した。非選択的寒天培地は、対照芽胞および塩素ストレスを受けた芽胞をともに高率で回収した。本試験の結果は、選択培地に含まれる抗菌薬は消毒薬処理した芽胞および無処理の芽胞にさらにストレスを加え、芽胞回収率を大きく低下させることを示している。このために、本菌による環境汚染の程度の重大な過小評価を招く可能性がある。
サマリー原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2013.10.30

Probable nosocomial transmission of listeriosis in neonates

2018.02.28

Evaluation of single vs pooled swab cultures for detecting MRSA colonization

2011.01.31

Evaluation of the bactericidal efficacy of three different alcohol hand rubs against clinical isolates of Staphylococcus aureus using an ex vivo carrier test

2020.04.28
One size does not fit all: the effectiveness of messaging for hand hygiene compliance by profession in a tertiary hospital

S. Salmon*, M.Y. Phua, D. Fisher
*National University Hospital, Singapore
Journal of Hospital Infection (2020) 104, 435-439
JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ