アウトブレイク時の KPC 型カルバペネマーゼ産生肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)腸内保菌の迅速検出法

2012.06.30

Rapid detection of intestinal carriage of Klebsiella pneumoniae producing KPC carbapenemase during an outbreak


T. Giani*, C. Tascini, F. Arena, I. Ciullo, V. Conte, A. Leonildi, F. Menichetti, G.M. Rossolini
*University of Siena, Italy
Journal of Hospital Infection (2012) 81, 119-122
KPC 型カルバペネマーゼ産生肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)腸内保菌の 2種類の迅速検出法、すなわち直腸スワブからの DNA抽出物の PCR 法による増幅(K-PCR 法)と、メロペネムディスクおよびメロペネム+3-アミノフェニルボロン酸ディスクを設置したマッコンキー寒天培地と直腸スワブによる直接平板法(直接 KPC スクリーニング法、DKST法)について述べる。アウトブレイク中に患者 65 例から得た合計 101 サンプルを対象として、K-PCR 法および DKST 法の評価を行った。DKST 法の感受性は K-PCR 法よりも低かったが、感染・保菌患者に多くみられる高レベルの保菌は検出可能であり、しかも極めて安価かつ実施が容易で、基本的な設備しか必要としない方法であった。
サマリー原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2021.05.30

Weak organic acid synergy towards the prevention of catheter blockages

 

J. Burns*, C.P. McCoy, N.J. Irwin

*Queen’s University Belfast, UK

 

Journal of Hospital Infection (2021) 111, 69-77

 

 

2018.12.25

Nosocomial ventriculitis caused by a meticillin- and linezolid-resistant clone of Staphylococcus epidermidis in neurosurgical patients

2023.06.02
Pragmatic review of interventions to prevent catheter-associated urinary tract infections (CAUTIs) in adult inpatients

J. Gray*, A. Rachakonda, J. Karnon
*Flinders University, Australia

Journal of Hospital Infection (2023) 136, 55-74


2018.12.25

Environmental contamination by bacteria in hospital washrooms according to hand-drying method: a
multi-centre study

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ