尿路感染症発生率のベンチマーキング:ドイツ全国院内感染症サーベイランスシステムの集中治療部門コンポーネントから得られた経験★

2011.05.01

Benchmarking of urinary tract infection rates: experiences from the intensive care unit component of the German national nosocomial infections surveillance system


P. Gastmeier*, M. Behnke, F. Schwab, C. Geffers
*Charite University Medicine Berlin, Germany
Journal of Hospital Infection (2011) 78, 41-44
この研究の目的は、集中治療部門(ICU)における症候性のカテーテル関連尿路感染症(CAUTI)サーベイランスにより、CAUTI 発生率が低下するかどうかを調べることである。ドイツ全国院内感染症サーベイランスシステム(KISS;Krankenhaus Infektions Surveillance Systems)のデータを、3 通りの開始時期(1997 ~ 2000 年、2001/2002 年、2003 年以降)から収集して、解析対象とした。各期間の 1 年目と 3 年目に得たデータを比較した。CAUTI 総発生率を参加期間に毎月算出して、線形回帰モデルをあてはめた。1997 年 1 月から 2008 年 6 月まで、合計 547 か所の ICU が KISS の ICU コンポーネントにデータを提供した。研究プロトコールに従って、267 か所の ICU における 1,966 例の症候性 CAUTI 症例を解析対象とした。症候性 CAUTI 発生率を 3 年目と 1 年目において比較したところ、全相対リスクは 0.86(95%信頼区間 0.77 ~ 0.96)であった。CAUTI 発生率に対するサーベイランスの影響は、人工呼吸器関連肺炎や原発性血流感染症に関する同様のデータと比較して極めて小さかったが、これは CAUTI に対する多くの集中治療専門医の認識が、他の 2 種類の感染症と比較して欠如しているためであると考えられる。しかし、症候性 CAUTI の減少を図ることは可能であり、CAUTI をすべての ICU サーベイランス活動の対象に含めたとしても、作業負荷が大幅に増加することはない。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
提示された KISS のデータによれば、集中治療部門(ICU)における症候性カテーテル関連尿路感染症の発生率は、のべ 1,000 カテーテル・日あたり 2000 年以前が 1.39、2001/2002 年が 0.83、2003 年以降が 0.68 となっており、有意な減少傾向を示している。国家的なサーベイランス事業が継続的医療質改善に資するデータを提供している。

同カテゴリの記事

2006.11.30

Protecting staff against airborne viral particles: in vivo efficiency of laser masks

2009.02.28

Biofilm formation by persistent and non-persistent isolates of Staphylococcus epidermidis from a neonatal intensive care unit

2007.12.31

Outbreak of human metapneumovirus infection in psychiatric inpatients: implications for directly observed use of alcohol hand rub in prevention of nosocomial outbreaks

2012.10.31

Clinical and cost effectiveness of eight disinfection methods for terminal disinfection of hospital isolation rooms contaminated with Clostridium difficile 027

2014.07.31

Validity analysis of a unique infection surveillance system in the intensive care unit by analysis of a data warehouse built through a workflow-integrated software application

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ