市中獲得型のPanton-Valentine leucocidin産生メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Pantone-Valentine leucocidin-positive meticillin-resistant Staphylococcus aureus;PVL-MRSA)の市中・院内感染:医療上の意義★

2010.08.31

Community and nosocomial transmission of Pantone-Valentine leucocidin-positive community-associated meticillin-resistant Staphylococcus aureus: implications for healthcare


J.M. Orendi*, N. Coetzee, M.J. Ellington, E. Boakes, B.D. Cookson, K.J. Hardy, P.M. Hawkey, A.M. Kearns
*University Hospital of North Staffordshire NHS Trust, UK
Journal of Hospital Infection (2010) 75, 258-264
英国では、市中獲得型のPanton-Valentine leucocidin産生メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Pantone-Valentine leucocidin-positive meticillin-resistant Staphylococcus aureus;PVL-MRSA)感染症の散発例が報告されている。2006年9月に、帝王切開後のフィリピン人医療従事者に致死的なPVL-MRSA感染症が発生した。市中および病院の接触者から、咽頭および鼻腔スワブを採取した。PVL-MRSA株と同様の薬剤耐性パターンを示すMRSAに対しては、毒素遺伝子プロファイル、PCRとシークエンスタイピング(ST)法によるタイピングなどの評価を行った。保菌者には除菌治療を行い、医療従事者に対しては本人とその家族がPVL-MRSA陰性と判定されるまで患者ケアへの従事を制限した。ST30型PVL-MRSAはプロテインA遺伝子(spa)タイプt019、SCCmec-IVc、agr-3を有しており、β-ラクタム系抗菌薬のみに耐性を示した。さらに16例の市中・病院感染者から、同系統の代表株が同定された。12例でPVL-MRSAが原因と考えられる感染症が発生し、そのうち2例(1例は致死的)は病院感染、1例は医療従事者の職業感染と考えられた。9例が病院に勤務していた看護スタッフであり、このうち8例は過去5年間にフィリピンから移住し、社会的に強い関係があった。このように、英国の医療従事者からST30型PVL-MRSAが検出された。これは、英国における致死性のパンデミッククローンの院内感染の初めての報告である。この新たな脅威に対応するため、医療・市中環境で警戒を強化する必要がある。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
白血球溶解毒素であるPVLは、市中獲得型MRSAについては、米国で小児の命を次々に奪って有名になったUSA300株に見られて注目を集めた特徴的な毒素であり、壊死性肺炎など重篤な感染症に至らしめる。しかしながら、USA300はST8クローナルクラスター(CC)に属し米国に特異的に分布しているのに対し、今回英国で見つかったPVL産生MRSAは、英国ですでに広く分布しているEMRSA16と同じST30型のCCに属することが問題になっている。つまり、すでに遺伝子の乗り物であるMRSA自体が広まってしまっているために、今後、PVLを運ぶファージが溶原化することでPVLを産生するEMRSA16が猛烈な勢いで市中に増加する可能性があることを示唆している(科学者か、細菌学者でないとこれは理解が困難な論文です)。

同カテゴリの記事

2015.07.31

Evaluation of the efficacy of antibacterial medical gloves in the ICU setting

2017.05.31

Infection control capacity building in European countries with limited resources: issues and priorities

2012.09.30

Compartmentalization of wards to cohort symptomatic patients at the beginning and end of norovirus outbreaks

2017.07.31

Use of parenteral antimicrobials in very small hospitals in inner Brazil: patterns, determinants, and opportunities for interventions in developing countries

2008.04.25

Dissemination of Bacillus cereus in a paediatric intensive care unit traced to insufficient disinfection of reusable ventilator air-flow sensors

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ