病院アウトブレイク時のアシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)分離株の疫学的分析のための全ゲノム高性能シークエンス法

2010.05.30

High-throughput whole-genome sequencing to dissect the epidemiology of Acinetobacter baumannii isolates from a hospital outbreak


T. Lewis*, N.J. Loman, L. Bingle, P. Jumaa, G.M. Weinstock, D. Mortiboy, M.J. Pallen
*University Hospitals Birmingham NHS Foundation Trust, UK
Journal of Hospital Infection (2010) 75, 37窶・1
軍人と民間人の患者を同一施設内でケアすることにより、軍人負傷者から民間人への多剤耐性アシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)の伝播が生じる。現在の分子タイピング技術は、A. baumannii分離株間の関連性を示すのに有用であるが、小規模なアウトブレイク時の近縁分離株間の相違を解析できないため、伝播の連鎖が不明となることが多い。最近、バーミンガムで発生した病院アウトブレイクでは、6例の患者に標準的手法では識別不能な多剤耐性A. baumannii分離株の保菌がみられた。全ゲノムシークエンス法を用いてこれらの分離株の一塩基多型を判定することによって、本アウトブレイクの伝播に関する複数の疫学的仮説を検証することができた。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
Single nucleotide polymorphisms(SNPs)により識別解析を行った論文である。シークエンサーは気軽に使用できる器材ではないので、ハードウエア的な利便性が課題だろう。

同カテゴリの記事

2020.10.30

Performance characteristics and optimal cut-off value of triple adenylate nucleotides test versus adenosine triphosphate test as point-of-care testing for predicting inadequacy of duodenoscope reprocessing
W. Ridtitid*, P. Pakvisal, T. Chatsuwan, S.J. Kerr, P. Piyachaturawat, T. Luangsukrerk, P. Kongkam, R. Rerknimitr
*Chulalongkorn University and King Chulalongkorn Memorial Hospital, Thailand
Journal of Hospital Infection (2020) 106, 348-356

2019.01.05

Molecular characterization of a nosocomial outbreak of influenza B virus in an acute care hospital setting

2011.08.30

Reduction in antibiotic use through procalcitonin testing in patients in the medical admission unit or intensive care unit with suspicion of infection

2016.10.31

Reduction in Clostridium difficile infection associated with the introduction of hydrogen peroxide vapour automated room disinfection

2012.10.31

Using a PDSA cycle of improvement to increase preparedness for, and management of, norovirus in NHS Scotland

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ