脳神経外科関連のアシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)による院内感染髄膜炎:2件の症例報告および文献レビュー★

2009.02.28

Neurosurgically related nosocomial Acinetobacter baumannii meningitis: report of two cases and literature review


V. Krol*, N.S. Hamid, B.A. Cunha
*Winthrop-University Hospital, USA
Journal of Hospital Infection (2009) 71, 176-180
院内感染髄膜炎は脳神経外科処置の合併症としてはまれであるが、脳神経外科集中治療室(NSICU)ではグラム陰性桿菌による院内感染髄膜炎が発生することがある。アシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)は院内感染髄膜炎の原因菌としてはまれであり、NSICUでの髄膜炎アウトブレイクの原因菌となる頻度も非常に低い。脳脊髄液検体採取時の不適切な無菌操作が原因となった、NSICUにおけるA. baumannii髄膜炎の2症例を報告する。脳脊髄液検体を側脳室ドレナージの遠位ポートから無菌的に採取するという感染制御策を実施した後、新たな症例の発生はなかった。本報告では、脳神経外科の成人患者におけるアシネトバクター属による院内感染髄膜炎のレビューも実施している。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
これは頻度としては少ないが、たった1症例でも髄液から分離された場合には、不適切なプラクティスが行われていないか監査しフィードバックすることが大切である。

同カテゴリの記事

2013.05.30

Improved hand hygiene technique and compliance in healthcare workers using gaming technology

2006.03.31

Virus diffusion in isolation rooms

2015.07.31

Biofouling of surgical power tools during routine use

2018.07.31

Mobile phones and computer keyboards: unlikely reservoirs of multidrug-resistant organisms in the tertiary intensive care unit

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ