感染制御活動におけるリスク管理

2009.02.28

Infection control risks


M. Millar*
*Barts and The London NHS Trust, UK
Journal of Hospital Infection (2009) 71, 103-107
感染リスクの管理は感染制御専門家の中心的活動であるが、感染制御のリスク管理に関する文献は比較的少ない。本総説の目的は、さらに解明と研究を進めるべき領域に注意を引くことである。例として、リスク管理の目的、留意すべきリスクの解明、専門家と非専門家の両者を対象とした専門用語の統一、病院感染の制御におけるリスク補償の重要性に関する研究などである。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
多分に概念的な論文であり、感染制御の実務者レベルでは直接役立つことは必ずしも多くないかと思われる。少々難解でもある。

同カテゴリの記事

2018.05.31

Clinical impact of delayed catheter removal for patients with central-venous-catheter-related Gram-negative bacteraemia

2006.09.30

Impact of safety needle devices on occupationally acquired needlestick injuries: a four-year prospective study

2018.08.23

Impact of active surveillance and infection control measures on carbapenem-resistant Gram-negative
bacterial colonization and infections in intensive care

2021.08.31
Investigation of two cases of Mycobacterium chelonae infection in haemato-oncology patients using whole-genome sequencing and a potential link to the hospital water supply

T. Inkster*, C. Peters, A.L. Seagar, M.T.G. Holden, I.F. Laurenson
*Queen Elizabeth University Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2021) 114, 111-116


JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ