フランスにおける医療関連感染の制御:2005年から2008年度の国家プログラム★

2008.10.15

Healthcare associated infection control in France: 2005-2008 national program


J. Hajjar*
*General hospital, France
Journal of Hospital Infection (2008) 70(S1) 17-21
No abstract.
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
フランスでは20年前から医療関連感染対策への関心が高まり、保健省(Ministry of Health)が中心となった国家的なプログラムと大規模調査が実施されており、2005年からは病院における医療関連感染対策チームの活動、外科手術部位感染症サーベイランス、手指消毒薬の消費量、MRSA陽性率、抗菌薬使用量を指標の5項目が指標となって、医療関連感染症とMRSAの減少を達成していることが報告されている。
医療関連感染対策は患者安全の重要な課題であり、国家行政による政策的な介入が有効な場合があることが示されている。

同カテゴリの記事

2021.11.30
Detection of human coronavirus RNA in surgical smoke generated by surgical devices

T. Yokoe*, M. Kita, T. Odaka, J. Fujisawa, Y. Hisamatsu, H. Okada
*Kansai Medical University, Japan

Journal of Hospital Infection (2021) 117, 89-95


2009.11.30

Suffering from meticillin-resistant Staphylococcus aureus: experiences and understandings of colonization

2023.10.31
Prognostic significance of lymphocyte subpopulations for ICU-acquired infections in patients with sepsis: a retrospective study

*J. Zhao, R.S. Dai, Y.Z. Chen, Y.G. Zhuang
Tongji University School of Medicine, China

Journal of Hospital Infection (2023) 140, 40-45


JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ