前鼻腔に定着したメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の細菌数に対する抗菌薬の影響★

2008.09.30

Effect of antibiotics on the bacterial load of meticillin-resistant Staphylococcus aureus colonisation in anterior nares


V.C.C. Cheng*, I.W.S. Li, A.K.L. Wu, B.S.F. Tang, K.H.L. Ng, K.K.W. To, H.Tse, T.L. Que, P.L. Ho, K.Y. Yuen
*The University of Hong Kong, Hong Kong SAR, China
Journal of Hospital Infection (2008) 70, 27-34
病院感染によるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の感染率や保菌率は、抗菌薬の使用と関連があるが、抗菌薬投与が鼻腔内保菌に及ぼす影響は明らかではない。鼻腔外にMRSAの感染または保菌を認める患者116例を対象として3か月間の前向き研究を実施し、3週間にわたる種々の抗菌薬療法中と療法後に、患者の鼻腔内のMRSA細菌数を測定した。患者周辺の環境からもスワブを採取した。鼻腔外にMRSAの保菌または感染を認める患者の76.7%が、同時に鼻腔内にMRSAを保菌していた。β-ラクタム系を投与中の患者の鼻腔内MRSA細菌数中央値は、21日間で2.78 log10 cfu/swab(範囲0~6.15)から5.30 log10 cfu/swab(範囲2.90~8.41)に有意に増加した(P<0.001)。フルオロキノロン系を投与中も、細菌数中央値は14日間で0 log10 cfu/swab(範囲0~4.00)から4.30 log10 cfu/swab(範囲0~7.46)に増加した(P=0.039)。β-ラクタム系またはフルオロキノロン系を投与中の患者の細菌数中央値は、抗菌薬投与を受けていない対照患者より有意に多く、7日目4.78 log10 cfu/swab(範囲0~7.30)、14日目4.30 log10 cfu/swab(範囲0~7.60)、21日目5.30 log10 cfu/swab(範囲2.90~8.41)であった(P<0.05)。抗菌薬中止2週間後に、これらの細菌数は2~5 log10 cfu/swab減少した。β-ラクタム系(相対リスク3.55、95%信頼区間1.30~9.62、P=0.018)またはフルオロキノロン系(4.32、1.52~12.31、P=0.008)の投与を受けている患者周辺の環境は、対照患者周辺の環境(0.79、0.67~0.93、P=0.002)よりもMRSA陽性率が高いことが示された。β-ラクタム系またはフルオロキノロン投与を受けている患者はMRSA保菌率が高く、鼻腔内の細菌数が多く、患者周辺の環境にMRSAを伝播していると考えられる。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
MRSAに抗菌活性を持たない抗菌薬処方は、鼻前庭におけるMRSAの保菌率や保菌濃度を高めることを証明した論文である。保菌者は非保菌者と比較して入院期間中に発症する確率はMSSAよりはるかに高いことは他の研究により証明されており、保菌者を施設内で生まないためには、抗菌薬療法の対象者と処方期間を最低限にするべきであろう。

同カテゴリの記事

2021.07.31
Universal admission screening: a potential gamechanger in hospitals with high prevalence of MRSA

M.A. Borg*, D. Suda, E. Scicluna, A. Brincat, P. Zarb
*University of Malta, Malta

Journal of Hospital Infection (2021) 113, 77-84



2013.12.31

Healthcare-associated infections in sub-Saharan Africa

2016.06.23

Prevention and control of carbapenemase-producing organisms at a regional burns centre

2024.01.31
Concerning emergence of a new vancomycin-resistant Enterococcus faecium strain ST1299/CT1903/vanA at a tertiary university centre in South Germany

A. Rath*, B. Kieninger, A. Caplunik-Pratsch, J. Fritsch, N. Mirzaliyeva, T. Holzmann, J.K. Bender, G. Werner, W. Schneider-Brachert
*University Hospital Regensburg, Germany

Journal of Hospital Infection (2024) 143, 25-32



2008.03.28

Development of an observational measure of healthcare worker hand-hygiene behaviour: the hand-hygiene observation tool (HHOT)

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ