内視鏡の乾燥・保管キャビネット:利点と効果★

2008.01.31

Endoscope drying/storage cabinet: interest and efficacy


L. Pineau*, E. Villard, D.L. Duc, B. Marchetti
*Biotech-Germande, France
Journal of Hospital Infection (2008) 68, 59-65
内視鏡チャンネルの不十分な乾燥は、保管中の細菌増殖の原因となり得る。内視鏡チャンネルを乾燥させ、保管状態を管理する手法やプロセスにより、このリスクを低下させることが可能である。乾燥・保管キャビネット(Hysis Medical社)の効果を評価するため、大腸内視鏡(Olympus社)、十二指腸内視鏡(Fujinon社)、および小腸内視鏡(Pentax社)の3種類の内視鏡を緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)CIP 103467懸濁液で人工的に汚染させた。これらの内視鏡を乾燥キャビネットの内部または外部で12、24、48、72時間保管して、内部の残存汚染レベルの変化を比較した。乾燥・保管キャビネット内で保管した場合の内視鏡の細菌汚染レベルは、最初の細菌量より少なく、その後は大幅な低下がみられた。乾燥・保管キャビネット外で保管した内視鏡では、細菌数は一定または増加した。これらのデータから、このような内視鏡用乾燥・保管キャビネットに保管中の内視鏡チャンネル内部の細菌増殖リスクは抑制されるという利点が示され、再処理プロセスの終了時の消毒レベルが維持されることが確認された。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
内視鏡キャビネットの有用性を評価。

同カテゴリの記事

2019.12.24

Danish experience of meticillin-resistant Staphylococcus aureus eradication with emphasis on nose-throat colonization and supplementary systemic antibiotic treatment

2018.05.31

Validation of healthcare-associated infection surveillance in smaller Australian hospitals

2020.10.30

Catheter-associated bloodstream infections in adults with cancer: a prospective randomized controlled trial
P. Mollee*, S. Okano, E. Abro, D. Looke, G. Kennedy, J. Harper, J. Clouston, R. Van Kuilenburg, A. Geary, W. Joubert, M. Eastgate, M. Jones
*School of Medicine, University of Queensland, Australia
Journal of Hospital Infection (2020) 106, 335-342

2014.05.31

Empathy dolls: are they a source of cross-contamination between patients?

2023.02.23
Sensitive microscopic quantification of surface-bound prion infectivity for the assessment of surgical instrument decontamination procedures

T.J. Secker*, R.C. Hervé, C.W. Keevil
*University of Southampton, UK

Journal of Hospital Infection (2023) 132, 116-124


JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ