英国の大規模小児病院における医療関連ロタウイルス胃腸炎

2007.11.30

Healthcare-associated rotavirus gastroenteritis in a large paediatric hospital in the UK


N.A. Cunliffe*, C. Allan, S.J. Lowe, W. Sopwith, A.J. Booth, O. Nakagomi, M. Regan, C.A. Hart
*University of Liverpool, UK
Journal of Hospital Infection (2007) 67, 240-244
ロタウイルスは乳児および幼児の市中感染胃腸炎の主要な原因である。しかし、医療関連感染症としての小児胃腸炎におけるロタウイルスの重要性は、ほとんど理解されていない。英国リバプールにある国民保健サービストラスト・ロイヤルリバプール小児病院(Royal Liverpool Children’s NHS Trust)で前向き研究を実施した。2006年1月から5月に入院した急性胃腸炎の患児243例を登録した。酵素免疫測定法により糞便試料中のロタウイルスを検査した。医療関連急性胃腸炎91例中の17例(19%)、市中感染急性胃腸炎152例中の54例(36%)がこのウイルスによった。医療関連急性ロタウイルス胃腸炎の患児の16例が感染源隔離を必要として、8例では経静脈的輸液管理が実施された。ロタウイルスは大規模な小児病院の医療関連急性胃腸炎でも重要な原因であると結論する。ロタウイルスワクチンは大規模な小児病院における症候性ロタウイルス感染症の多くを予防できる公衆衛生上の手段である可能性がある。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
一般的に下痢症の感染対策は難しく、クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)やノロウイルスが問題となるが、小児診療領域においてはロタウイルスにも注意が必要である。ま、当たり前か。

同カテゴリの記事

2012.03.31

High level disinfection of a home care device; to boil or not to boil?

2011.10.30

Pandemic A/H1N1/2009 influenza in a paediatric haematology and oncology unit: successful management of a sudden outbreak

2023.12.31
Scoping review on the efficacy of filter and germicidal technologies for capture and inactivation of micro-organisms and viruses

K. Kompatscher*, J.M.B.M. van der Vossen, S.P.M. van Heumen, A.A.L. Traversari
*Netherlands Organization for Applied Scientific Research, The Netherlands

Journal of Hospital Infection (2023) 142, 39-48



2007.02.28

A statistical method for estimating the proportion of cases resulting from cross-transmission of multi-resistant pathogens in an intensive care unit

2022.12.02
The environmental footprint of single-use versus reusable cloths for clinical surface decontamination: a life cycle approach

B. Maloney*, T. McKerlie, M. Nasir, C. Murphy, M. Moi, P. Mudalige, N.E. Naser, B. Duane
*Trinity College Dublin, Ireland

Journal of Hospital Infection (2022) 130, 7-19


JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ