ポリプロピレン製メッシュを使用した鼠径ヘルニア修復術後のMycobacterium fortuitumによる創感染

2007.08.31

Wound infections due to Mycobacterium fortuitum after polypropylene mesh inguinal hernia repair


A. Celdran*, J. Esteban, J. Manas, J.-J. Granizo
*Fundacion Jimenez Diaz, Spain
Journal of Hospital Infection (2007) 66, 374-377
Mycobacterium fortuitum complexは、迅速に発育する抗酸菌の一群である。これらの日和見病原体は、生体材料を使用する外科手術での感染と関連することが多い。鼠径ヘルニア修復術の前向き研究で、2例のM. fortuitum感染が発生した。これらの感染は、発症機序、臨床症状、および予防的または治療的な抗生物質療法の両者に対する抵抗性の点で、他の細菌による感染とは異なっていた。
サマリー 原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2006.06.30

Cost of intensive care unit-acquired bloodstream infections

2020.10.30

Consensus demonstrates four indicators needed to standardize burn wound infection reporting across trials in a single-country study (ICon-B study)
A. Davies*, L. Teare, S. Falder, J. Dumville, M. Shah, A.T.A. Jenkins, D. Collins, B. Dheansa, K. Coy, S. Booth, L. Moore, K. Marlow, R. Agha, A. Young
*University of Bristol, UK
Journal of Hospital Infection (2020) 106, 217-225

2018.12.25

Unmasking leading to a healthcare worker Mycobacterium tuberculosis transmission

2018.11.24

Scrubbing technique for needleless connectors to minimize contamination risk

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ