ドイツの3カ所のナーシングホーム居住者における黄色ブドウ球菌鼻腔内保菌の危険因子

2006.06.30

Risk factors for Staphylococcus aureus nasal carriage in residents of three nursing homes in Germany


G. Daeschlein*, O. Assadian, I. Rangous, A. Kramer
*Ernst-Moritz-Arndt-University, Germany
Journal of Hospital Infection (2006) 63, 216-220
3カ所のナーシングホーム(500名)での黄色ブドウ球菌の鼻腔内保菌率は36.6%であった。メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は検出されなかった。黄色ブドウ球菌の鼻腔内保菌に対する有意な危険因子(リスクファクター)が以下のように特定された。血管性認知障害[オッズ比(OR)0.31]、糖尿病(OR 1.82)、高血圧(OR 0.30)、慢性閉塞性肺疾患(OR 1.86)、脳卒中(OR 3.31)、過去3カ月以内の抗生物質による治療(OR 2.10)、および要介護レベル2(定義は、日常生活動作の補助が1日あたり4時間まで必要とする高度の依存度)(OR 1.97)。他国に比べて、ドイツのナーシングホーム居住者のMRSAの鼻腔内保菌率は低い。
サマリー 原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2021.08.31
A new urinary catheter design reduces in-vitro biofilm formation by influencing hydrodynamics

A.C. Ionescu*, E. Brambilla, M.C. Sighinolfi, R. Mattina
*University of Milan, Italy

Journal of Hospital Infection (2021) 114, 153-162


2022.09.05
Efficacy assessment of different time cycles of nebulized hydrogen peroxide against bacterial and yeast biofilms

L. Cobrado*, P. Ramalho, E. Ricardo, Â.R. Fernandes, M-M. Azevedo, A.G. Rodrigues
*University of Porto, Portugal

Journal of Hospital Infection (2022) 127, 7-14


JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ