理学療法リハビリテーション室におけるACC-1産生性Klebsiella pneumoniae集団発生の制御

2006.05.31

Control of an ACC-1-producing Klebsiella pneumoniae outbreak in a physical medicine and rehabilitation unit


S. Ohana*, P. Denys, D. Guillemot, S. Lortat-Jacob, E. Ronco, M. Rottman, B. Bussel, J.-L. Gaillard, C. Lawrence
*Hopitaux de Paris, France
Journal of Hospital Infection (2006) 63, 34-38
この論文では、ACC-1産生性肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)により40例の患者が感染した集団発生を報告する。これらの患者は主に脊髄損傷のある40歳未満の男性で、理学療法リハビリテーション室に在室していた。主要な危険因子(リスクファクター)は長期の入院期間、多床室、気管切開のケア、および排便の補助であった。集団発生は、厳格な患者の配置(すなわち、個室への配置または同じ部屋への集団収容など)のみによって制御し得たが、その場合も患者は種々の医療サービス(理学療法、作業療法など)や再教育のために必要な生活空間へ自由に出入り可能であった。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
プラスミドにより接合伝達されるACC-1タイプのAmpC β-ラクタマーゼ産生の多剤耐性菌のアウトブレイク事例である。

同カテゴリの記事

2017.04.30

Hand hygiene in intensive care units: a matter of time?

2018.08.23

Duodenoscopy: an amplifier of cross-transmission during a carbapenemase-producing Enterobacteriaceae outbreak in a gastroenterology pathway

2008.11.30

Experience with the use of palivizumab together with infection control measures to prevent respiratory syncytial virus outbreaks in neonatal intensive care units

2008.10.31

Enhanced surgical site infection surveillance following caesarean section: experience of a multicentre collaborative post-discharge system

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ