Diploma in Hospital Infection Control(DipHIC;病院感染制御ディプローマ):過去の経験的学習の認定に関する重要な変更と更新 ★

2006.04.30

Diploma in Hospital Infection control―important changes to the accreditation of prior experiental learning and update


B. Cookson*, B. Drasar
*Centre for Infection, Health Protection Agency, UK
Journal of Hospital Infection (2006) 62, 507-510
Diploma in Hospital Infection Control(DipHIC;病院感染制御ディプローマ)は、Hospital Infection Society(英国病院感染学会)、London School of Hygiene and Tropical Medicine(ロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院)、およびPublic Health Laboratory Service[公衆衛生研究所サービス、現在のHealth Protection Agency(健康保護局)]により、1997年に創設された。著者らは、過去の経験的学習実績の認定ルート(accreditation of prior experiental learning)によるDipHICの資格考査についての重要な変更点を概説するとともに、リフレクション(reflection)の実例へのウェブリンクを記載し、またDipHIC取得者の氏名を取得ルート別に掲示する。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
科学的論文ではないが、イギリスの感染制御に関する資格制度を知る上で参考になる。日本人で唯一のDipHIC取得者である堀 賢氏(順天堂大学)の名前も掲載されている。
監訳者注
リフレクション:各自が実際に遭遇した感染対策上の諸問題に対して、専門家としてどのように関与し、どのような活動を行い、一連の結果を導いたかについて内省(reflection)することを意味する、英国独特の報告書の形式。

同カテゴリの記事

2021.01.31

Ethanol and isopropanol inactivation of human coronavirus on hard surfaces

  1. Meyers*, R. Kass, D. Goldenberg, J. Milici, S. Alam, R. Robison

*Pennsylvania State College of Medicine, USA

Journal of Hospital Infection (2021) 107, 45-49

2016.02.28

Health insurance database for post-discharge surveillance of surgical site infection following arthroplasty

2008.03.28

Emergence of USA300MRSA in a tertiary medical centre: implications for epidemiological studies

2020.07.31

Survival of a norovirus surrogate on surfaces in synthetic gastric fluid
C. Makison Booth*, G. Frost
*HSE Science and Research Centre, UK
Journal of Hospital Infection (2020) 105, 468-473

2016.02.28

Probiotics and synbiotics for the prevention of postoperative infections following abdominal surgery: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ