ナノ粒子コーティング外科用マスクの抗菌効果

2006.01.06

Antimicrobial effect of surgical masks coated with nanoparticles


Y. Li*, P. Leung, L. Yao, Q.W. Song, E. Newton
*The Hong Kong Polytechnic University, China
Journal of Hospital Infection (2006) 62, 58-63
本研究では、ナノ粒子(硝酸銀と二酸化チタンの混合物)、および病原体からの防御を図る目的でナノ粒子をコーティングしたフェースマスクの抗菌活性を評価した。大腸菌および黄色ブドウ球菌に対するナノ粒子の最小発育阻止濃度は、それぞれ1/128、1/512であった。ナノ粒子コーティングマスクの抗菌活性をAATCC 100-1999の手技に従って定量化した。コーティングを施したマスクの材料では、48時間の培養で大腸菌および黄色ブドウ球菌の生菌数が100%減少した。フェースマスクを着用したボランティアで、皮膚刺激性は観察されなかった。ナノ粒子で防護衣表面をコーティングすると、病原体の伝播リスク減少に効果を発揮する。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
本研究は研究室レベルでの検討であり、臨床試験あるいは動物による感染実験に基づく成果ではないので、検討結果の評価に関しては注意が必要である。
監訳者注:
AATCC Test Method 100-1999: Assessment of antibacterial finishes on textile materials. American Association of Textile Chemists and Colorists technical manual 2002. Research Triangle Park, NC: AATCC

同カテゴリの記事

2011.10.30

Hospital antibiotic consumption in Switzerland: comparison of a multicultural country with Europe

2018.02.28

Development and evaluation of the automated risk assessment system for multidrug-resistant organisms (autoRAS-MDRO)

2020.07.31

Risk perception of COVID-19 among Portuguese healthcare professionals and the general population
D. Peres*, J. Monteiro, M.A. Almeida, R. Ladeira
*Healthcare Community Center of Porto IV, Portugal
Journal of Hospital Infection (2020) 105, 434-437

2022.02.28
Economic burden attributable to Clostridioides difficile infections in South Korea: a nationwide propensity score-matched study
 
K.J. Son*, Y.A. Kim, Y.S. Park
*Yonsei University Graduate School, Republic of Korea
 
Journal of Hospital Infection (2022) 120, 1-8

2015.04.29

Role of data warehousing in healthcare epidemiology

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ